スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.02.27 Tuesday
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    チョコレートのヒント

    0

      もうすぐバレンタインデーですね。

      お店でもチョコレートの仕込み作業が多くなってきました。
      お家に帰ると自分の体もほんのりチョコレートの香りです。
      お店に連れて行っている息子もほんのりチョコレートの香りがします。

      子供の頃から母とお菓子作りをよくしていたので
      毎年、バレンタインデーの季節は運動会や遠足並みのビックイベントです。

      まずは、お年玉のかなりの割合のお小遣いを持って、
      キティランドへラッピングと材料の買い出しに電車に乗っていくところから始まります

      今でこそスーパーや百円ショップでお菓子の材料やラッピングは簡単に手に入りますが
      子供の頃はチョコレートを手作りする材料を手に入れることが本当に大変でした。
      キティランドは昔から手作りチョコのアイテムを沢山取り扱っていたので
      宝の山のような存在でした。

      本番数日前から試作に入り、
      こっちのチョコがいい!いやこっちのクリームの方がが美味しい!
      形は丸かな?ハートかな?
      なんて失敗をしながら完成させたものを、
      意中の男の子のお友達に渡すというかなりストレートでストライクなバレンタインデーを
      今思えばしていたんですね。

      皆様の中にも
      きっとチョコレートをお家でも手作りされる方がいらっしゃると思いますので
      失敗をせず美味しく作るヒントをすこし。

      1、チョコレートはできるだけ製菓用のものを使い、細かく均一に刻む。
      2、チョコレートに生クリームを入れるならば、生乳クリームの38%位の物が上手に混ざります
      3、使う器具は水滴一つ残さず拭き取る。
      4、チョコレートを溶かす際は50度以上にはしないようにする。
      5、溶かしたチョコレートは空気を入れないように混ぜる
      6、色粉を入れる時は、少しのリキュールに混ぜてから加えると滑らかに混ざります。

      このような点に注意して作ってみてももきっと楽しいと思います。
      ちょっとヘンテコな形でもちょこっと失敗しちゃっても、
      愛情たっぷり注いで作れば美味しいですよね。

      もちろんお店でもお菓子作りの分からない事、私の分かる範囲でお話しできると思いますから
      ぜひお話しくださいね。

      いつかお菓子教室もできたらいいですね。

      お店でも皆さんの気持ちが伝わるようチョコレートのお菓子を心込めて
      お作りしています。








      PR

      calendar

      S M T W T F S
      1234567
      891011121314
      15161718192021
      22232425262728
      2930     
      << April 2018 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recommend

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM